和洋国府台女子中学校高等学校

教科

英語【レバノンと繋いでオンライン授業!】

2023.12.28

2学期、高校2年生の英語コミュニケーションⅡの授業では、レバノンのシリア難民キャンプで子供たちに英語を教えている飯塚直樹先生とつないでオンライン授業を行いました。

生徒たちは、教科書のレッスンで国境なき医師団で看護師として働く白川優子さんについてちょうど学んだところだったので、紛争地域の近くで教育に従事している飯塚先生から、レバノンについてやシリア難民キャンプでの子供たちの様子についてなどの話を聞くことができ、とても良いチャンスとなりました。

生徒たちは、元気いっぱいの子供たちが、笑顔の裏で実は働くために学校を休まなくてはならなかったりプライバシーのないテント生活で苦労したりと、様々な問題を抱えていることを知り、ショックを受けつつも平和の大切さについて考えたようです。また、中高の教員を辞め、現在世界を旅しながら子供たちに英語を教える飯塚先生の生き方に、自分も一歩踏み出そうと思った生徒もいました。

以下、授業後の生徒の感想です。
「紛争はいつもニュースを通してしか知らない程度の遠い世界の出来事という感じが強かったのですが、実際の状況を知ることによって印象も変わりました。自分たちと違うことももちろんあるけれど同じ部分もあるなと感じたし、そのような状況で生きる子どもたちに対して自分が何をすることができるのかきちんと考えたい、また考えるだけでなく実行したいと思いました。」

本校の英語の授業では、英語力をつけると共に、グローカルな(グローバル+ローカル)な視点をもつ生徒の育成を目指しています。今後も、英語の授業を通して「世界の様々な出来事に関心を持ち、多様な価値観や文化を理解しようとする心」を育てていきたいと考えています。

Page Top