和洋国府台女子中学校高等学校

書道

<活動方針>
様々な書表現の追求のために切磋琢磨し合う

<目標>
○各々が納得のいく作品を仕上げる
○書道を通して活動の幅を広げ、多くの人を感動させるような作品制作を行う

<活動日>
基本的には月~金16:30まで
(イベント前、展覧会前は延長する場合あり)

<2018年度活動実績>
○(高)千葉県高校総合文化祭 優秀賞受賞(全国大会出場決定)
○(高)全国高校大学書道展 優秀賞受賞
○(中高)和洋女子大学競書大会 各種特別賞受賞
○(中)全国小中学校書道展 ベスト100
○(中)JA書道コンクール 銅賞受賞


<2019年度活動実績>(10月現在)
〇(高)全国高等学校総合文化祭 さが2019 出場
〇(高)全国高校大学書道展 書道展賞・優秀賞受賞
〇(中高)和洋女子大競書大会 文部科学大臣賞・その他特別賞受賞
〇(高)高校生国際美術展 奨励賞受賞
〇(高)市川市展 学生奨励賞受賞
〇(中高)千葉県小中高校席書大会 千葉日報社賞受賞

詳細は下記受賞報告等ご覧ください。その他各種公募展や地域の展覧会等に出品、受賞しています。

活動報告

パフォーマンス練習中です!

2019.11.16

学校説明会にて書道パフォーマンスを披露させて頂くことになりました。

講堂の裏方も部員が確認中です。書道室では全員がパフォーマンスに向かっています!

第17回 和洋女子大学競書大会 結果報告

2019.10.29

第17回和洋女子大学競書大会の展示は11月16日(土)、17日(日)10:00~16:00に和洋女子大学文化資料館及び書道室1,2にて開催されます。

競書大会初日(11月16日)は第2回学校説明会です。生徒発表として書道パフォーマンスを行う予定ですので、来校の際にはぜひ競書大会も併せてご高覧ください。

和洋女子大学競書大会の詳細はこちらより。

〇第17回和洋女子大学競書大会 結果

半切の部
文部科学大臣賞:(高2)重永莉佳

審査員奨励賞:(高1)小松結奈 (高1)藤沼香乃

特選:(高1)井原美咲子 (高1)塚越美紀 (高1)塚原ひなた (高1)本間愛里 (高1)渡邉友佳子 (高2)林田奈々


硬筆の部
学長賞:(高1)井原美咲子

審査員奨励賞:(中1)清水咲姫子

特選:(中2)福島彩花里 (中3)堀涼代 (高1)渡邉友佳子 (高2)重永莉佳



中学生は学習指導要領を踏まえた上で文字選定をし、高校生はより芸術性を追求した作品制作を心掛け、学園祭の最中も自宅で熱心に制作をする部員も多く見られました。
今回はその成果として特別賞の文部科学大臣賞をはじめ上位9パーセントの特選賞以上の賞を頂くことができました。
今回の受賞は部員全員に大きな励みとなったことでしょう。

表彰式は11月17日に行われますので、追ってご報告致します。

2019年 学園祭を終えて

2019.10.15

学園祭では生徒会のみなさんをはじめ、先生方やクラスメイト、保護者の方々のご理解とご協力のもと書道パフォーマンスと展示を終えることが出来ました。

ご高覧頂きましたみなさまには感謝申し上げます。


部員たちは学園祭と並行して和洋女子大学競書大会への出品作品の制作、そして現在はテスト前で部活停止。

テスト明けから千葉県の高校文化祭に向け全国大会出場を目標にラストスパートを頑張ります。

2019年7,8月大会結果報告

2019.08.30

高校生国際美術展より

〇第20回高校生国際美術展
奨励賞:(高2)木村幸咲

佳 作:(高2)阿部菜々穂 
    (高1)須賀真菜 塚原ひなた

高校生国際美術展についてはこちら


奨励賞以上の作品は新国立美術館にて展示されました。



〇第68回玄遠書道会全国展
師範会会長賞:(高2)林田奈々

推薦賞:(高2)木村幸咲 (高1)井原美咲子


〇第68回千葉県小中高校席書大会
千葉日報社賞:(高1)井原美咲子

書星会賞:(高2)木村幸咲


夏休みは合同練習やオープンスクールでイベントが多い中、1学期に提出した作品の結果が返ってきました。
学園祭や高校文化祭など芸術の秋にむけて2学期も頑張りましょう。

オープンスクールで書道パフォーマンス体験を行いました

2019.08.26

オープンスクールにて中学生対象書道パフォーマンス体験を行いました。

当日に向けて2年生部員を中心に紙作りやパフォーマンスの練習、担当決めなどの準備を重ね、受験生のみなさんに少しでも楽しんでいただけるよう練習を重ねました。

写真は体験する生徒さんの作品練習風景です。

受験生のみなさん、ぜひ今度は和洋生として、そして書道部員としてお会いできるのを楽しみにしています!
書道パフォーマンス体験に参加いただきありがとうございました。

第24回全日本高校大学書道展

2019.08.26

〇第24回全日本高校大学書道展 結果

全日本高校大学書道展賞:(高2)重永莉佳  (高1)井原美咲子

優秀賞:(高2)阿部菜々穂

準優秀賞:(高2)木村幸咲 林田奈々
     (高1)塚原ひなた 藤沼香乃 本間愛里 森田愛加


「高大展」は全国の高校・大学から1万点以上の応募があり、出品サイズも一般の公募展と同じく非常にレベルの高い展覧会です。

本校も頂いた全日本高校大学書道展賞は上位4%弱(344点/10402点)、優秀賞も6%ほどと入賞するのは非常に難しい中、併設中学校より引き続き書道部に所属している井原さん(高1)と、公立中学校出身で吹奏楽部だった重永さん、阿部さん(高2)が受賞しました。

日々の積み重ねが実り、今回の受賞に至ったことは一緒に頑張っている部員たちにも良い励みとなるでしょう。

また実際に大阪まで展示を見に行ったことで大きな刺激を受けたと思います。今後の糧とし、精進していきましょう。


第24回全日本高校大学書道展の詳細はこちら

第43回全国高等学校総合文化祭に出場しました

2019.08.01

(文章作成 高校2年生全国大会出場生徒)

7月28〜30日に第43回全国高等学校総合文化祭2019佐賀総文出場に千葉県代表として出場致しました。
気温30度超えの猛暑の中、全国から集まった県代表の数々の素晴らしい作品にとても圧倒されました。

交流会では、各都道府県から集まった代表者を佐賀の生徒の方々がとても暖かく迎えて下さいました。
「なりきり梧竹さん」「パルーン作り」といった様々なイベントを用意して下さり、本当に楽しかったですし、今までとは違った角度で書道と触れ合うことができて、感動しました。佐賀の方達には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回私が取り組んだ作品「光明皇后楽毅論」は、白と黒のコントラストが美しく、張りのある線がとても魅力的な楷書です。原本をできるだけ忠実に再現するために画仙紙からマットまでこだわり、作品に取り組んできました。
形式が決定するまでいろいろなパターンで書いたりしていたので、本当に時間がかかり心が折れそうにもなりました。

実際に展示会場で自分の作品を見ると、反省点がボロボロと出てきて、まだまだ課題がたくさんですが、全国大会に出場させていただくことができ、本当にいい経験になりました。
顧問の先生や、仲間には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。全国大会に集まる作品たちはどれも魅力的で圧倒されるものばかりで、今後頑張る大きな力となりました。

これからも素晴らしい仲間達と全力で楽しく書道と向き合っていこうと思います。
本当にありがとうございました!

グリーンフェスティバルにて書道パフォーマンスを披露しました

2019.06.11

雨予報を吹き飛ばすような強い日が差した6月8日、和洋学園125周年に向けたイベントとして開催されたグリーンフェスティバルに書道部はオープニングとして出場しました!

今回のパフォーマンスは「新生日本と和洋」をテーマに、教育実習生として来ている大学生の伊藤さんと大森さんの指導のもと作品制作をしながらも日々練習を重ねて来ました。

舞台では教育目標「凛として生きる」や校歌の一節を揮毫し、「紫陽花と和洋」から「和気致祥」(穏やかな気持ちを保てば祥をまねく)に変形させました。

オープニングということもあり多くのお客様に歓声やお声掛け頂きました。ありがとうございました!

横断幕を作成して頂きました!

2019.06.10

全国大会出場を記念し、横断幕を作成頂きました。

千葉県代表校として恥じぬよう、今後もチームとして切磋琢磨し、個々の作品としっかり向き合っていきましょう!

市川市展に参加しました

2019.05.14

今年度より市川市展に出品し、学生奨励賞を高校書道部員2名が受賞しました。

○第67回市川市文化祭
学生奨励賞:(高1)塚原ひなた  (高2)木村幸咲

上記の受賞者に加えて写真右上の隷書横額作品は、本校書道部出身で現在和洋女子大学日本文学学科書道専修4年生の伊藤妃美香さんの作品です。

伊藤さんは高校時代に築き上げた隷書の基盤を生かし、大学ではより発展的な中国清代の表現を追求した作品を制作し、今回学生優秀賞を受賞されました。

様々なバックグラウンドをもつ学生さんが集まる和洋女子大学ですが、和洋では中学から大学まで一貫して学年に応じた書道を広く深く学ぶことが出来ます。

今回の高校生の受賞も今後活動していく上で大きな励みとなったと思います。同時に課題も見つかったと思いますのでしっかりと向き合い前進していきましょう!

Page Top