和洋国府台女子中学校高等学校

バドミントン

<活動方針> 
 中高合同で練習 
 自分に厳しく・周囲とは和して
 バドミントン競技を通じて多くのことを学ぶ

<目標> 
 県大会出場 体力・技術力の向上

<練習日・練習時間>
 週5日が基本。大会前は日祭日の練習も。
 授業後は15時50分~18時
 土曜日は13時30分~16時30分
 集中した3時間の練習メニュー
 週に一度外での青空練習も実施中。

<メッセージ>
 イギリスにその起源があるというバドミントン競技。
 他にはない魅力は、打ち合う羽根の速度の緩急差。
 この緩急差を使ってのかけひき、戦略等、体はもちろん、
 頭もほんとうによく使うスポーツです。
 興味を持った人はぜひ体育館にお越しください。

 なお、活動報告は一時更新を停止していました。
 2019年度より再開いたします。
(なお現役部員の写真掲載は基本的に行っていません。)

活動報告

新人戦に向けて

2022.09.16

真夏のピークは去ったというフレーズを口ずさんでいる人と今日すれ違いましたが、いわゆる燃える夏練、夏休みが終わり、新学期スタートから半月が過ぎました。この後は実りとなるはずの「新人戦」。学園祭の準備期間とも重なるため、なかなか思うように取り組めない時もあるかもしれませんが、とにかく中高ともに一球一球に集中していきましょう。

写真は夏練の一コマ。このHPには現役生の皆さんの姿を掲載することは基本的にしていないのですが、たまの後ろ姿ならいいでしょう。体育館での練習を終えた後、教室に移動して大会で審判ができるかどうかのテストを実施しました。コートの上での表情よりもさらに真剣さを感じる面持ちで、ラインの確認や審判の言い回し、仕草のチェック等、様々な問題に取り組みました。
さすがの中学3年生はほぼ全員全問正解、後輩に答えを教える姿は頼もしく見えました。当たり前のことですが、ルールは大切。ルールをよく知っているという自信はコートの上でのプレイの自信にもつながります。あれから少し時間が経ちましたが、時折しっかり正しいルールを復習しておきましょう。

中学、高校ともに新人戦に向け(中学生はその前の市民大会に向けても)、審判ができることはもちろん、少しでも自信を持てるプレイを増やしていきましょう。張り切っていきましょう!

1学期終わりに向けて

2022.06.23

※写真は体育館の壁です

テストが着々と迫ってきています。
中学1年生も高校1年生も、2度目のテスト前期間を迎えています。和洋では試験の2週間前になると計画表が配付されることが多いですが、部活動自体は1週間前から活動中止となって完全勉強モードへの切り替えとなります。2度目なので、前よりは感じがつかめていて、中間考査の反省を活かせるといいのですが。

とはいえ、テスト後すぐに中学生は総体予選があるし、高校生は海の日に向け着々とバドミントンの技術を高める必要があります。勉強モードへ確実にスイッチは入れつつも、体力は絶対に落とさないこと。学習の上でも体力があることはとても有効です。ぜひ自主練習やストレッチも欠かさないでください。また、初心者組は、イメトレも欠かせません。

7月の末頃にバドミントン部としては久しぶりの保護者会の開催を予定しています。練習をやっている日に設定するので、保護者の方にも皆さんの頑張る姿をご覧いただけるといいですね。
保護者の方にはどんな姿に映るのでしょう。イメージできますか。良いイメージができる方は引き続きしっかりと練習を。そうでもないという人は、テスト前には入ってきていますが、自分の現状に向き合って、見て欲しい姿、なりたい姿をよく考え、そうなれる方策を練って、具体的に行動していきましょう。

さて、中3よ、後悔のない状態で、テストにも大会にも臨もう。そして、後輩達。それを支えるのだ。
高校生も同様。まずはあと少しの練習期間を充実させ、すがすがしい気持ちでテストに立ち向かうこと。

桜を愛でつつ

2022.04.01

昨日までが令和3年度、今日からが令和4年度。たったの一日で年度ががらっと替わります。
春休みを過ごしている皆さん、いかがですか。4月6日には始業式、そして、8日には新入生が入ってきます!あっという間に令和4年度が進んでいきますよ。

桜の名所が近所にありますが、この和洋でも、中庭の桜を皮切りに、いろいろな種類の桜が見事に咲いて、見事に散ります。美しい、潔い。散るさまがほんとうに雅で、心打たれる人も多いと思います。葉桜の時もいいよねと思う人もいるでしょう。桜を大いに愛でつつ、令和4年度の始まりを噛み締めましょう。
区切りに関わる慣用表現は、はじめが肝心、とか、終わりよければ全てよしとか、いろいろあります。親しみを感じられる方にのって、年度の始まりを気持ちを新たにするチャンスにして欲しいです。

今回の春休み、バドミントン部は5連休を設けました。今日は久しぶりの練習再開でしたが、体があからさまに重くなった人もいました。たったの5日なのに!大会はすぐそこなのに!(中学、高校とも、すぐに春季大会と関東大会予選があります。)
もちろん、5日のブランクを感じさせないはつらつとした動きの人もいました。区切りや、ちょっとした休みの期間、どのように過ごしたいか、よく考えて計画を練って過ごしていきましょう。学期が始まったらなかなか計画に向かう時間がもてないかもしれません。今、あと少しの春休みがチャンスです。チャンスの女神は前髪しかないと聞きます。つかむタイミングを逃したら二度とつかめません。今日からまたちょうど5日間春休みがありますから(部活動もありますが)、とにかくよく考えて大切に過ごして、新学期、始業式を良い顔で迎えられるようにしましょう。

写真は某教室から撮ったもの。実は今年撮ったものではありません。でも、毎年みごとに同じように期待を裏切らずに美しく咲いています。約束のようにとよく比喩で言われる咲きぶりには感心するしかありません。桜を見習って、約束のように、区切りの時には気持ちをしっかり切り替えて、区切りの時には目標をあらためて考える習慣を持っていくことをお勧めします。

始めましょう

2022.01.24

1月ももうそろそろ終わりが近づいてきました。2022年、バドミントン部は7日が初練習となりましたが、今は皆さん、どのように取り組んでいますか。2022年の活動で自分が目標にしたいことは何ですか。皆のために、部のために、自分ができることは何でしょうか。体力、技術力だけでなく、考える力の向上もできるよう、工夫しながら努力しながら取り組んでいきましょう。素敵な1年になりますように。

バドミントン通信でも連絡する通りですが、県のガイドラインに従い、今後の練習はしばらく週に3日程度となります。よりいっそうの集中が必要となります。活動時間を大切に大切にしましょう。また、中高分かれての練習が続きますが、一緒に顔をあわせる外練習の時を楽しみにしましょう。また、久しぶりにコート上で合同で取り組める時に、中高それぞれ、お互いの伸びに驚いてしまう、なんてことを想像しながら、前向きに練習していきましょう。

2021を終える前にね

2021.12.17

運動部も一丸となって頑張りましょう(画像はHPよりお借りしました。)

バドミントン部の皆さん、こんにちは。テスト期間も終わり、再び部活動に励むことができるようになりました。高校生は大会が近く、張り切った姿が見られ、なかなか清々しくていいですね。中学生は1月に控える1年生大会に向けて、上級生共々チーム戦の気持ちで練習に臨んでもらいたいものですが、いかがでしょうか。中高、最近異なるメニューで練習することが多いですが、それでも同じチームです。頑張る姿をお互いに見せ合って欲しいです。

さて、先日は「学園祭」のそれぞれの活動のかわりになる様々な動画を各クラスで視聴しました。どれもこれも、とても素敵なものばかりでした。クラスの出し物は少なかったですが、大いに手に汗を握る見応えのある、ユニークなものでした。我々の顧問の先生も登場しましたね!(ちなみに中学生は学園祭でのクラスでの出し物はない分、保護者会にあわせて廊下やロビーの展示を頑張りました。)部活動の動画では、文化研究部の日頃のがんばりが伝わってくるものばかりで、心に残る特別な時間を過ごすことができました。放課後の文化研究部の方の活動が少しわかった気持ちにもなりました。皆さんはどの部活動のものが、特に気に入りましたか。気に入ったものはまたぜひクラスルームでも視聴してみましょう。
さて、バドミントン部の皆さんは今回の文化研究部の皆さんの集大成のような姿を、今、人に見せることができるでしょうか。大会で精一杯戦うこと、力を尽くすことはもちろん大切です。一方で、日々の練習で、目標を持って真剣に取り組むことも大切です。

もうすぐ2021年も終わりです。区切りです。区切りを良い機会に、チャンスにして、あらためてバドミントンへの意欲を高めていきましょう。技術を磨き、体力を高めて、より高いレベルでプレイを楽しめるようにしてください。新年には新しい目標を具体的に立てて取り組みを始められるように、まずはしっかりと良い締めくくりをしましょう。

自主練習期間を終えて

2021.10.20

10月半ばから、授業、部活動ともに通常モードに戻りました。もちろん部室で密にならないルールや健康観察は当然継続していくものです。互いに思いやり合うことと、自律した管理とを心がけて、今後も皆で取り組みを続けていきましょう。

写真は自主練期間に中学生が記録したものです。普段の練習は高校生が目的に沿って練習メニューを考えてくれますが、この期間は自分たちで考えて体力作りを進めました。自主練期間に特に頑張って欲しいと願ったのは「イメージトレーニング」です。その項目も設けた記録用紙ですが、果たしてどれぐらいの時間を皆さんかけたのでしょう。興味がある人は写真をよーく見るとわかるかもしれません。(あるいは顧問にお問い合わせ下さい。)

自分の身体のことは自分が一番わかると言えるようにならないといけません。今、通常モードの練習が始まり、中学生は秋の大会、高校生は冬の大会、中学3年生は練習試合と、それぞれ目標にするものもできました。体力、気力の向上に努め、目標とするものを皆で達成していきましょう。

新学期スタート!

2021.08.28

バドミントン部の皆さん、夏休みはどのように過ごしましたか。
中学・高校ともに目標としていたお盆明けの大会がなくなってしまい、がっかりしていた人も多かったと思います。また、中学は9月実施予定だった秋の市民大会の中止も決定しました。次の大会は、中高ともに10月にある「新人戦」になります。(9月10日頃発行予定のバドミントン通信で大会の参加確認は行います。そちらに9月13日以降の練習スケジュールも掲載します。)
なかなか練習の成果を発揮できる舞台がありませんし、自由に練習もできません。ですが、いざその時が来たら、堂々と勝負のコートに立てるよう、日々、体力・精神力を鍛えていきましょう。その土台の上で技術力が生かされるのです。

体育館での練習がなかったとしても、筋トレや、素振り、ラケットワークとしてシャトルに触ること、それからイメージトレーニングは継続していきましょう。特にコートの大きさの感覚を日々思い出すためのトレーニングは欠かせません。サイドステップで大きく横に一歩でラケットを伸ばしたらぎりぎりシングルスコートラインの人もいれば、もう半歩必要な人もいるでしょう。また腕を伸ばしきった状態でシャトルに触れるフットワークでは、実際にはシャトルを思うように飛ばせません。自分の身体感覚とラケットワーク、そしてコートの広さ・長さ、それから飛んでくるシャトルの速さ。いろいろの組み合わせで、シャトルを瞬時に打ち返す(どこを狙う?どんな球にする?)、例のあの感覚。実践練習ができない今だからこそ、毎日時間を決めてイメージトレーニングをしてください。

オリンピックやパラリンピック、スポーツの祭典が催されていますが、運動部に所属している身として気づくことや得られることもきっと多いはずです。(もちろん部活動とは関係なく、様々なことを感じ考えられるイベントですが。)2021年の今の自分の思ったことを、なるべく多く覚えておいて欲しいです。

令和3年夏 暑中お見舞い申し上げます

2021.07.15

バドミントンは鳥の羽を用いた「シャトル」をラケットで打ち合うスポーツ。鳥の羽、それはとてもとてもふわりと軽いもの。ふわりと軽いものは風の影響を受けやすいので、練習、大会の際には無風・窓閉めが原則。となると、そう、夏はとてもとても暑い。暑~い中、修行のような気持ちで練習に取り組む、ということがほとんどでしたが、実はご存じの通り、和洋の体育館は空調設備が整い、とても快適です。また、大きな大会でも空調設備が機能し、快適です。
しかし選手はコート上で汗をかいています。快適な温度に保たれた中であっても、汗がどんどん流れるぐらいの運動量があるスポーツなのです。狭いコート、軽いラケット、小さなシャトル、こうしてバドミントンにまつわることを挙げてみると何やらすごく楽そうなラインナップですが、かなり体力的に追い込まれる厳しいスポーツなのです。そこが魅力の一つです。

写真は中学3年生の引退試合会場で撮影した1枚。暑い外、涼しい中、熱い戦いが繰り広げられた大会会場。コロナ禍でしたが、3年生の保護者1名のみは観覧可能になり、久しぶりに賑わいが戻りました。(とはいえ、声援不可だったので、応援席ができることは熱視線を送ることと拍手のみでした。)
見に来て下さった保護者の方々、ありがとうございました。皆様の目には、1年生の時以来(!)の成長が感じられたことだと思います。中学3年生、皆個性がそれぞれの非常にユニークな学年で、この大会後の成長もとても楽しみな人達です。一つけじめがついたこの後が、また新しい勝負の始まり。目標を持って進んでいきましょう。
他の部員の皆さんも、一つの区切りを迎えた中3同様、令和3年の夏、新しい気持ち・目指したい姿をあらためて意識して練習に取り組んでください。2021年の夏の始まりです。

風薫る季節に

2021.05.01

 新年度がスタートして、1ヶ月。新入生の皆さんも大分学校に慣れた頃でしょうか。また、ひとつ学年があがった皆さんも、少しだけ新しい環境、新しい肩書きで、まだ緊張しながら過ごしているところでしょうか。それぞれ、大きな区切りを迎えてからの1ヶ月、どのように過ごして来たのか、GWにしっかりと振り返りましょう。

 中学生の皆さんは、高校生と別の練習になってから、どのような自覚で取り組んでいますか。高校生は、もうすぐに引退を迎える3年生を中心に、それぞれ自分だけが務められる役割をきちんと果たしているでしょうか。

 バドミントンは、心も体も、そして頭もよく使うスポーツです。技術力はもちろんですが、しっかりと思考してから行動するというパターンにも磨きをかけていきましょう。(瞬発力も鍛えなければいけないので、なかなか難しいですが。)

 新入生の皆さん、あらためまして入学おめでとうございます。和洋に皆さんを迎えられてとても嬉しいです。今年は入学式も新入生歓迎会も実施されました。コロナ禍の下、出来ることが限られている中で、いろいろな選択があると思いますが、迷ったら、自分の心によくよく耳を傾けてみてくださいね。そして、選択肢のうちのちょっとだけ大変な方、あるいは、ちょっとだけ心が傾いている方を選んでみてください。

 5月、新しいスタートを切る、素敵な季節です。体育館の一番上の階、4階のアリーナ2で、あるいは体育館前の芝生広場で、バドミントン部一同、皆さんのお越しをお待ちしています。

高校卒業式の日に

2021.03.06

3月5日は送別会が行われました。学校で行われた、久しぶりの大きなイベントでした。バドミントン部は多くの先生方のご協力をいただき、先輩方への卒業メッセージを頂戴して、動画を作成しました。そのメッセージをこちらにも小さくご紹介。

今年度は、本当に特別な1年でした。歴史の教科書に載る1年だと表現されている先生がいらっしゃいましたが、まさにその通り。教科書にどのように載るかはわかりませんが、自分達の心にどのように刻まれる年になるのか、それは皆さん次第です。

卒業するバド部員の皆さん、3年間ありがとうございました。バドミントンをしている皆さんの姿を、しっかりと覚えておきます。皆さんにも、自分がコート上での出来事や、どんなことを考えたり感じたりしたのか、なるべく多く覚えておいてもらいたいです。それから、ぜひまた会いに来て下さい。心から活躍を祈っています。

在校生の皆さん、先輩に感謝して、しっかり受け継ぐべきことを受け継いでいきましょう。また、感謝の思いはプレイで表現していきましょう。

中学卒業式の頃には緊急事態宣言は解除されているのでしょうか。試験期間中ということもあり、練習は21日までは行えない予定ですが、体力作りは必ず継続していってください。

Page Top