和洋国府台女子中学校高等学校

和洋国府台女子高校のQ&A

学校に関するQ&A

学校の特徴は何ですか?
「凜として生きる」を掲げ、自立した女性の育成を目指す女子校です。
1897年に設立されました。平成29年度、国府台キャンパスに中学校と高校の校舎が統合し、国際的に活躍できるコミュニケーション能力を身につけ、知性と品格を備え社会に貢献できる女性を育成します。また、日本の伝統文化と、国際教育で、自立した女性の育成を目指します。
始業は何時ですか?
8:30です。なお、1日の授業時間は次の通りです。
下校時刻は15:20です。清掃担当の場合は、その限りではありません。
特進コースにおいて、7限のある日(水曜、金曜)は、下校時刻は16:20です。部活動の最終下校時刻は18:00です。

1クラス何人ですか?
下記の通りです。
●特進 
 H30:19人 R1:22人 R2:16人

●進学 
 H30:約34人 R1:39人 R2:約38人

●和洋
 R2:約21人

●FT  
 H30:12人 R1:17人
土曜日に授業はありますか?
毎週4時間目までの授業があります。
いじめについて何か対策を行っていますか。
いじめに関する委員会を設置し、本校共通のガイドラインを作っています。また、学期の中でアンケートを実施したり、関係生徒への適切なヒアリングなどを行ったりすることで、生徒把握に努めております。
保護者の来校頻度はどのくらいですか?
学校から要請するのは保護者会・面談を合わせて年3~4回程度です。
その他に、母の会に所属した場合、集まりや学園祭での仕事で来校することがあります。
また、具合の悪くなった生徒を迎えに来てもらうことがあります。
和洋は特定の宗教を基にする学校なのでしょうか?
違います。
特定の宗教や思想、団体には属していません。和洋が基本としている道徳の指針は、日本人が大切に継承してきた心と形をきちんと身につけることを日常の範としています。
入学後にアルバイトは出来ますか。
基本的には認めておりません。
入学後に芸能活動はできますか?
できません。
携帯電話は所持できますか?
できます。
通学時や校内での所持は届け出制です。ただし、通常(時)は電源を切り、非常時以外は使用しないことにしています。
学校行事は中高合同で実施しますか?
行事によりますが、合同で行う代表的なものは、学園祭、体育大会等です。
給食はありますか?
ありません。ほとんどの生徒はお弁当を持参しています。
また、生徒は食堂や購買部を利用できますので、そこで軽食を購入することができます。
スクールカウンセラーはいますか?
います。
週2回(火曜日と金曜日)学校に来ています。
部活動の最終下校時間は何時ですか?
部活動の最終下校は、18:00です。
部活動に朝練習はありますか?
部活動によります。大会前に行っている部活動はあります。
盛んな部活動はどこですか?実績のある部活動は?
多くの運動部は盛んに活動しています。
昨年度、関東大会以上に進んだ部活動は、水泳部、卓球部、ダンス部、書道部です。
活動の詳細はこちらをご覧下さい。
部活動は中学生と一緒に活動・練習を行っていますか?
部活動によります。
部活動の練習は毎日ありますか?
多くの運動部はほぼ毎日活動しています。文化部は毎日ではないところが多いです。
部活動の加入率はどのくらいですか?部活動の掛け持ちはできますか?
学年によって異なりますが、高校生の加入率は約80%です。部活の活動日によっては掛け持ちも可能です。
部活動はいくつありますか?
運動部が12、文化部が15、同好会が1です。
【運動部】計12
水泳、ソフトテニス、ソフトボール、卓球、ダンス、バスケットボール、バドミントン、陸上、合気道、バトン、バレーボール、ハンドボール

【文化部】計15
英語(ECC)、栄養、演劇、華道、音楽、箏、茶道、被服・手芸、書道、吹奏楽、美術、文芸、理科、数学、軽音楽

【同好会】計1
 日本舞踊(同好会)

活動の詳細はこちらをご覧下さい。
茶道、華道、箏部の活動について教えて下さい。費用は?
費用は下記の通りです。
◆茶道
表千家で週1回のお稽古があります。
費用は年16,000円と実費(御菓子代等)です。

◆華道
真月池坊流で週1回のお稽古があります。
費用は、テキスト代4,000円(3年間使用)、またお稽古代は1ヶ月1,600円、そしてお花代は1回860円です。

◆箏
週2回の練習があります。
費用は年16,000円です。

茶道華道箏部は3年間履修すると、履修証書が得られます。

学習に関するQ&A

高校入学前に芸術選択を決める必要があります。高校の音楽・美術・書道ではどのような内容を行うのでしょうか
高校では、音楽・美術・書道の3つから、興味関心に合わせて、1つを選択して履修します。
具体的な内容は、教科コンテンツ芸術科を参考にすると良いでしょう。


【音楽】
音楽Ⅰでは過去から現代、海外や日本の作品を題材にし、時代・文化ごとの表現や価値を学びます。学びは、歌唱(独唱、合唱)・器楽(アンサンブル、合奏)での表現を中心に行います。それらの活動から根底に共通する美を追求します。また創作やグループ討論で主体的に思考を深める取り組みも行っています。

【美術】
美術Ⅰでは塑造や版画、絵画の制作を通して美術の文化や技法を学びます。作品にじっくり取り組むことで、自己を見つめ、創造的な表現を追求します。また、授業内や学園祭で作品を発表•プレゼンテーションする機会を設けています。表現や鑑賞の活動を通じて、社会の中での美術の役割を考え、自然や生活の中で美しさを感じ取る感性を磨きます。

【書道】
書道Iでは過去の名品の手習いや鑑賞をふまえながら作品を書いていきます。楷書・行書はもちろん篆刻や仮名が読めるようになり、授業内で書いた作品は学園祭や学外の展覧会や書き初め大会に出品します。基礎からポイントをおさえて伝統的な書道を学ぶことが出来ます。
勉強が遅れてしまった生徒に補習はありますか?
教科によっては基準に満たない場合、追試や勉強会を行うことがあります。
授業以外での学習面の取り組みはありますか
放課後の受験特訓講座、夏期・冬期講座、リメディアル講座など、学内で万全のサポート体制をとっており、多くの生徒が参加しています。また、図書館や大教室などを自習室として解放し、自主学習のしやすい環境を整えています。
習熟度別授業はありますか?ある場合、1クラスの人数はどの位ですか?
行っています。
数学、英語等で行っています。
英語表現は生徒約15名のグループに対し、1名の先生がつきます。
数学は高校1年生が習熟度別の授業です。1グループの人数は約25名です。
英検の合格者の割合はどの位ですか?卒業までの取得目標は?
最近の実績は卒業時、2級24%です。長期の留学経験無く準1級に合格する生徒も数名います。
学校としての、卒業までの取得目標は、2級30%です。
語学研修・文化研修にはどのようなものがありますか?
現在4つの研修を行っています。
◆オーストラリア語学留学
 高校2年生の希望者が対象で、オーストラリアの姉妹校にて、2ヶ月間の交換留学、夏休み3週間の語学研修プログラムを行っています。
 費用は、2ヶ月の交換留学は航空運賃のみ負担、3週間の語学研修プログラムは約427,000円です。

◆海外文化研修
 中学3年生、高校1・2年生の希望者が対象で、春休みに行っています。過去の訪問先は英国・イタリア・フランス・ベルギーなどです。

◆英語宿泊研修
高校1年生の希望者が対象で、冬休みに3日間行っています。佐倉セミナーハウスで英語漬け体験が出来ます。

◆カナダ留学
高校1年の1月下旬から1年間の留学プログラムです。
ネイティブスピーカーはいますか?
います。
英語は今や世界共通言語になってきています。多くの文化に触れることができるように国籍は多岐にわたり、カナダ、インド、アメリカ、ロシア、フィリピンとなっています。
週に2時間ある英語表現Ⅰ・Ⅱの授業では、1クラスを2つに分け、生徒約15名のグループに対し、1名の先生がつきます。

交通に関するQ&A

生徒の平均通学時間はどれくらいですか?
2020年度生徒の平均通学時間は約55分です。高校生の最大通学時間は120分です。
2020年度の通学地域は以下の通りです。

利用者の多い通学経路は ?
国府台駅から徒歩(約10分)が最も多いですが、市川駅、矢切駅、松戸駅からバスで登校する生徒もたくさんいます。2018年6月の東京外環道開通に伴い、学校前の渋滞が大幅に緩和されました。
自転車通学はできますか?
いくつかの条件(家から学校までの距離やお住みの場所の公共交通機関の状況など)を満たす場合はできます。
京成バスが遅れた場合は遅刻になりますか?
場合によります。
天候等の関係であれば、原則遅刻になります。
事故渋滞等が原因の場合は、遅刻取り消しになります。
登下校時、バスはどの位の頻度で運行していますか?
次の京成バスのサイトをご覧下さい
・市川方面はこちら
・松戸方面はこちら
最寄りの駅はどこですか?
下記の通りです。
●JR線
・市川 → JR市川駅北口 京成バス①番(松戸営業所・松戸行き)約8分「和洋女子大前」下車
・松戸 → JR松戸駅西口 京成バス①番(市川行き)約20分「和洋女子大前」下車

●北総線
・矢切 → 京成バス(市川行き)約7分「和洋女子大前」下車

●京成線
・国府台 徒歩約10分

詳細はこちらをご覧ください。

費用に関するQ&A

学費は?学業奨励金はありますか?
■学費

募集要項をご確認ください。

■奨励金
 年度末に学業優秀者(各学年若干名)に奨励金があります。
副教材、遠足などそのほか必要な費用はどの位かかりますか?
3カ年で約550,000円です。
1,2年次に各24万、3年次に7万を学年積立金として集め、それを副教材や、遠足や修学旅行といった行事の費用にあてていきます。
残金は卒業時に返金します。
入学時にどのくらい費用が必要ですか?
約432,000円です。
入学金 300,000円
指定品・制服代 132,000円
寄付金はありますか?
周年行事などで任意でお願いする場合があります。

入試に関するQ&A

【入試について】特進コース、進学コース、和洋コースの違いを教えてください。
特進コースは、一部の大学や学部(医・薬・看護等)を除き原則としては推薦を受けずに、一般受験で志望大学合格を目指します。
進学コースは、指定校推薦や和洋女子大学の内部推薦など、多様な受験が可能です。
和洋コースは、全員が和洋女子大学へ進学可能なコースです。ただし学部によっては、決められた評定基準を満たす必要があります。指定校推薦を利用することは出来ません。
カリキュラムの点では、特進コースには週2日7時間授業を行い、現行カリキュラムでは数Ⅲや物理に関しては、特進コースのみ組み込まれています。その方針に必要な学力を、入学試験評定の基準として定めています。高校2年生から文系理系に分かれ、国公立大学受験にも対応したカリキュラムです。
進学コースでは、高校2年生から文系理系に分かれます。高校3年生では興味関心に合わせて、多くの選択科目が用意されています。
和洋コースでは、探究型授業が行われます。高校在学中から大学の講義を履修し、学びを進めることができます。
コースによってカリキュラムや制度が大きく違います。受講可能な授業が異なりますので、生徒の興味関心によって、コースを選択すると良いでしょう。不明点はお問い合わせください。
【入試について】入試の種類について教えてください。
単願推薦入試、併願推薦入試は、コース別に評定や条件を満たしている場合、中学校の先生から高校に推薦していただく入試です。
一般入試は、評定やそのほかの条件を満たしていない場合、または、中学校の先生相談会以降に受験を決めた場合の受験方法です。単願推薦入試は、本校が第1志望で合格した場合は入学する方が対象です。併願推薦入試では、他の私立学校、国公立学校と併願できます。詳しくはHP上の入試情報のページをご覧ください。
【入試について】国語、数学、英語の試験に向けどのような勉強をすればよいですか?
【国語】
おすすめは、和洋の過去問題を解くことです。時間を計って取り組んでみてください。また、基礎学力を確認するための問題も出題します。中学校の既習事項をしっかり復習しましょう。

【数学】
数学は積み重ねが重要な教科ですので、中学校3年間の内容に抜け落ちた所を作らないようにしましょう。

そのためにも、教科書の練習問題からまとめの問題まで幅広く復習して下さい。
また和洋の過去問題にも数年分取り組み、基本問題だけでなく、読解力、思考力、さらには説明や理由の記述をする表現力が必要な問題にも、時間内にしっかり取り組めるように練習をしておきましょう。

【英語】
中学校の既習事項をしっかりと復習しましょう。読解力はいうまでもなく、聞く力、書く力も問われます。難しいことに挑戦するよりも教科書に掲載されている単語をしっかりと習得するように心がけてください。
和洋女子大学への進学を希望しています。進学コースにおいても、和洋女子大学への内部推薦があると聞きました。和洋女子大学への進学を考える場合、進学コース、和洋コース、どちらを選べばよいのでしょうか。
どちらが向いているかは、生徒の適性によって異なります。
和洋コースでの、和洋女子大への進学においては、学部を選ばなければ進学可能です。国家資格に関わる看護学部、人文学部こども発達学科、家政学部健康栄養学科への進学を希望する場合、高校2年生の秋に、評定だけでなく、探究型授業での学びの成果も含めて判断します。高校2年生の秋に希望する学部に進学が決まらなかった場合、高校3年の秋に、もう1度チャンスがあります。また、高校在学中より大学の単位を取得できます。
進学コースでは、高校3年の秋に、評定によって、それぞれの学部ごとの推薦基準を超えていた場合に、内部推薦を受験することが出来ます。
【入試について】特進チャレンジ受験をする予定です。合格にはどの程度の点数が必要ですか。
平均点にもよります。昨年度は特進チャレンジ受験は、一般受験の特進コース合格の基準よりも低めでした。
【入試について】推薦基準を満たしていないので、一般入試で受験予定です。一般入試で合格するためにはどの程度の点数が必要ですか?
コースにより合格基準が異なります。今年の平均点にもよりますが、昨年度と同様に判断する予定です。昨年度は特進コースは約8割弱、進学コースでは約5割が合格基準でした。和洋コースは、進学コースと同様の基準になる予定です。
HPの高校入試データで昨年度の平均点をご覧頂けます。
【入試について】受験日にインフルエンザなどの出校停止の場合どのような対応となりますか
ご相談ください。
【入試について】過去問題はどこで入手できますか?
学校説明会で入学試験問題の傾向と対策を詳しく説明しています。また、事務室にて過去問題集の販売を行っています。
一度ご来校下さい。
【入試について】転編入試験はありますか?
あります。一度お問い合わせ下さい。
【入試について】試験日に、学校に自動車を駐車することはできますか?
学校内駐車場のご利用はできません。
【入試について】他の高校が第一志望です。延納金は必要ですか?
延納金はございません。万が一、入学者説明会以降に結果が分かる場合は、事前にご相談ください。
【入試について】特待生制度はありますか?
一部の部活動での特待生はございます。
学習における特待生制度はありませんが、入学選抜試験の成績優秀者10名程度に学業奨励金(入学金30万円)を、また、年度ごと、学業成績による学業奨励金を授与しています。
【入試について】帰国生を対象とした入試はありますか?
ありません。
【入試について】高校入学時、併設中学出身者と高校入学者の比率はどのくらいでしょうか。また、同じクラスでしょうか。
全体で、併設中学出身生は4割程度で、半数以上が公立の中学などから進学してきます。
特進コース・進学コース・和洋コースは混合クラスです。生徒たちはすぐに打ち解け、のびのびと学校生活を送っています。
【入試について】面接は個人面接ですか、どのような内容ですか。
特進コース、特進チャレンジの受験生は、個人面接です。進学コース、和洋コースの受験生は、グループ面接です。
どちらも、中学校時代にどのようなことに力を入れ、困難をどのように乗り越えたのか、本校の志望理由、高校で力を入れて取り組みたいこと等です。
【入試について】1月17日、1月18日の問題レベルは同じですか。
同じ程度のレベルで作られています。
【入試について】第1日程、第2日程ともに受験することは可能ですか?
一般入試のみ両日ともに受験することが可能です。検定料、提出書類は1回分です。
【入試について】入試日程を教えて下さい。
募集要項をご覧下さい。
【入試について】出願期間中に応募状況を知ることはできますか。
できません。
【入試について】特進チャレンジで特進コースに合格しましたが、辞退して進学コースに進むことはできますか?
できません。
【入試について】特進コースの推薦基準を満たしていませんが、進学コースの推薦基準を満たしています。特進コースを受験することは可能ですか?
単願、併願ともに、進学コースを推薦受験した上で、特進にチャレンジできる特進チャレンジ受験という制度がございます。
願書提出の際、進学コース受験で、特進チャレンジありをチェックして下さい。毎年特進コースチャレンジで特進コースに合格し、有名大学に現役合格する生徒が何人もいます。
【入試について】中学校の先生対象相談会とは何ですか?
単願・併願推薦入試を利用する場合、在籍する中学校の先生から相談頂く場です。
時期として毎年12月の中頃を予定しています。
【入試について】受験料はいくらですか?
入学検定料は23,000円です。一度の納入で、複数回受験できます。
【学校説明会について】何回も参加すると受験時に優遇がありますか?
優遇はありません。
学校説明会は各回テーマを設けて、さまざまな角度から紹介しますので、何度も参加することでより深く和洋について理解していただけると思います。ぜひ、学校説明会、オープンスクールに一度参加して頂きたいと思います。

*上記に記載がない内容は、学校説明会や学校見学、外部会場説明会等では、個別に質問が可能です。
*学校説明会では、開始5分前までいらした方には質問票を記入していただき、会の最後に可能な限りお答えしています。
【学校説明会について】入試日程が近い学校説明会の方が、受験に有利な情報を得られますか?
11月に行われる学校説明会で入試問題の傾向と対策を教科ごと説明いたします。
【学校説明会について】学校説明会の日程に都合がつかないのですが、設定された日程以外に学校見学、部活動見学、個別の質問は出来ますか?
可能です。お問い合わせフォームまたは、TEL047-371-1120までご連絡下さい。
【学校説明会について】説明会等、学校について知る機会を教えてください。
以下の機会を設けております。
●学校説明会
和洋についてより深く知っていただくために、毎回異なるテーマを設定して、さまざまな角度から説明いたします。終了後、希望者には、校内見学、個別質問を行います。中学2年生以下の生徒と保護者の方、塾の先生、中学校の先生も参加可能です。


●オープンスクール
毎年8月、9月に開催しています。授業、部活動を体験し、在校生の様子や生の声を聞くことができる機会です。入試問題解説講座は中学3年生のみ対象ですが、その他の講座は中学1年生~3年生が参加可能です。オープンスクールに参加した約4割の生徒が受験をしています。

●外部会場説明会
中学入試、高校入試共に、相談可能です。会場がお近くの場合、ぜひ本校ブースにお立ち寄りください。日程の詳細は、HPの外部説明会のお知らせをご覧ください。

●学園祭
生徒の日頃の学習活動、部活動の発表の場です。学校や生徒の雰囲気をよく知ることができる場です。ぜひ見学にお越しください。

進路・留学に関するQ&A

高校在学中に留学することは可能ですか?
可能です。
高校2年生の希望者を対象に、オーストラリア3週間の語学研修、2ヶ月の交換留学を行っています。人数が多い場合は選考となることがあります。また、個人で1年間の海外留学をする生徒も学年に数名います。
留学から帰国した後、補習などはありますか?
特別の講座や補習は行っていませんが、できるかぎり個別にフォローするようにしています。
指定校推薦はどのような大学からきていますか?
高等学校学校案内をご覧下さい。高校入試日程・募集要項より学校案内のデジタルデータをダウンロードして頂けます。
在校生は、7月頃から指定校推薦の一覧を校内の進路情報室で閲覧できるようになります。
進学実績を教えてください。
こちらをご覧下さい。
4年制大学にはどのくらいの生徒が進学しますか?
2019年度の卒業生は約8割の生徒が4年制大学に進学しています。
和洋女子大学への内部進学率はどのくらいですか。
年により多少の変化はありますが、卒業生の約2割が和洋女子大学に進学します。
和洋女子大学には全員進学できますか?
現時点ではできません。
和洋コースでは出来ます。ただし、学部によっては、決められた評定基準を満たす必要があります。
進学コース、ファッションテクニクス科は、各学部で決められた評定基準を満たした場合、内部推薦という形での受験が可能です。また、他大学の一般受験に挑戦できる併願制度があります。ただし、単願の場合より推薦基準が上がります。
特進コースからは、一般入試でのみ受験可能です。
学校
説明会参加
Page Top