menu
【中学・高校】〒272-8533 千葉県市川市国府台2-3-1
TEL.047-371-1120 
お知らせ

詳細

学校生活に関する Q. & A. (高校)


2017.04.22

Q.学校の特徴は何ですか?



A.「凜として生きる」を掲げ、自立した女性の育成を目指す女子校。

1897年設立の伝統ある女子校。平成29年度、和洋女子大学のある国府台キャンパスに中学校と高校の校舎が統合。国際的に活躍できるコミュニケーション能力を身につけ、知性と品格を備え社会に貢献できる女性を目指します。日本の伝統文化と、国際教育で、自立した女性の育成を目指します。




Q.始業は何時ですか?


A.8:30です。
平常時の時間割は次のようになります。



※7限は特進コース(水曜、金曜)のみです。




Q.下校時刻は何時ですか?部活動の最終下校は何時ですか?


A.下校時刻は15:15です。※清掃担当の場合は、その限りではありません。
部活動の最終下校は、18:00です。



※7限は特進コース(水曜、金曜)のみです。




Q.1クラス何人ですか?


A.
 ・特進 H27  23人  H28  34人  H29  18人
 ・進学 H27 約33人  H28 約30人  H29 約35人
 ・FT  H27  12人  H28  15人  H29  14人




Q.スクールカウンセラーはいますか?


A.います。
週2回(火曜日と金曜日)学校に来ています。




Q.給食はありますか?


A.ありません。ほとんどの生徒はお弁当を持参しています。
また、生徒は食堂や購買部を利用できますので、そこで軽食を購入することはできます。




Q.部活動はいくつありますか?


A.運動部が12、文化部が15、同好会が1です。
【運動部】計12
 水泳、ソフトテニス、ソフトボール、卓球、ダンス、バスケットボール、バドミントン、陸上、合気道、バトン、バレーボール、ハンドボール
【文化部】計15
 英語(ECC)、栄養、演劇、華道、音楽、箏、茶道、被服・手芸、書道、吹奏楽、美術、文芸、理科、数学、軽音楽
【同好会】計1
 日本舞踊(同好会)

活動の詳細はこちらをご覧下さい。




Q.部活動の加入率はどのくらいですか?部活動の掛け持ちはできますか?


A.学年によって異なりますが、加入率は約80%です。部活の活動日によっては掛け持ちも可能です。




Q.部活動の練習は毎日ありますか?


A.部活動によります。
多くの運動部は毎日活動しています。文化部は毎日ではないところが多いです。




Q.部活動は中学生と一緒に活動・練習を行っていますか?


A.部活動によります。




Q.盛んな部活動はどこですか?実績のある部活動は?


A.多くの運動部は盛んに活動しています。
実績のある部活動は次です。 ※部活名をクリックすると各部活のページに移動します
ダンス 卓球 水泳




Q.茶道、華道、箏部の活動について教えて下さい。費用は?


A.
◆茶道
 表千家で週1回のお稽古があります。
 費用は年16,000円と実費(御菓子代等)です。
◆華道
 真月池坊流で週1回のお稽古があります。
 費用は、テキスト代4,000円(3年間使用)、またお稽古代は1ヶ月1,600円、そしてお花代は1回860円です。
◆箏
 週2回の練習があります。
 費用は年16,000円です。

茶華道箏部は3年間履修すると、履修証書が得られます。




Q.部活動に朝練習はありますか?


A.
各部活動によってそれぞれですが、大会前に行っている部活動はあります。




Q.学校行事は中学校と合同で実施しますか?


A.
行事によりますが、合同で行う代表的なものは、学園祭、体育大会、芸術鑑賞会等です。




Q.携帯電話は所持できますか?


A.できます。
通学時や校内での所持は届け出制です。ただし、通常(時)は電源を切り、非常時以外は使用しないことにしています。




Q.和洋は特定の宗教を基にする学校なのでしょうか?


A.違います。
特定の宗教や思想、団体には属していません。和洋が基本としている道徳の指針は、日本人が大切に継承してきた心と形をきちんと身につけることを日常の範としています。




Q.土曜日に授業はありますか?


A.毎週4時間目までの授業があります。




Q.入学後に芸能活動はできますか?


A.できません。




Q.保護者の来校頻度はどのくらいですか?


A.学校から要請するのは保護者会・面談を合わせてが年3~4回程度です。
後は母の会に所属した場合、集まりや学園祭での仕事で来校することがあります。
また、具合の悪くなった生徒を迎えに来てもらうことがあります。




「和洋国府台女子高校 Q. & A.」に戻る

Page Top