HOME > 出版物紹介

出版物紹介

「和やかに洋らけき」110年の歩み

「和やかに洋らけき」110年の歩み

このほど和洋学園は、110周年を迎えました。
財団法人 むら竹会では、110周年に因み卒業生から110人を選んで、文集を作りました。表紙絵、題字、装丁、編集等すべて卒業生の手作りで上梓できたことを誇りに思っております。多くの卒業生が『和洋に学んでよかった。自分が現在あるのは、和洋のお陰です』と語っています。
日本全体が情緒や品格を失いつつある現在、「和やかにして洋らけき」「和魂洋才」の建学精神は今も生きております。

「和やかに洋らけき」 110年のあゆみ
財団法人 むら竹会刊 A5判 380ページ

同窓会報

同窓会報

昭和55年(1980)の高校同窓会設立以来、2年に1度、「同窓会報」
(B5判、モノクロ8頁)を、そして間の年には「ミニ会報」(B5判、4頁)を発行してます。平成16年5月、第15号の「同窓会報」からは、A4判変形(8頁)で半分をカラー頁にしました。これは総会の案内を兼ねたもので、住所、氏名のわかっている全同窓生に送付しています。内容は学園の近況や同窓会活動、同窓生の活躍、クラス会だよりなど。

「同窓会報」 A4判変形

十周年記念誌

十周年記念誌

平成2年6月、「十周年のあゆみ」と題する記念誌を発行しました(B5判、42頁)。学園の近況や同窓会の歩みはもとより、恩師からのメッセージ、さらに活躍する同窓生として女優の小川眞由美さん(9回生)、音楽界にはばたく大竹久美さん(34回生)、シャンソン歌手の吉野麗さん(13回生)のインタビュー記事。さらにさまざまな分野で活躍する同窓生の紹介、クラス会だより、おたよりコーナーなどがあります。

「十周年のあゆみ」 B5判、42頁

百花百彩

百花百彩

平成10年6月、和洋学園百周年、高校創設五十周年を記念して発行したのが「百花百彩」(B5判、136頁、うち口絵カラー8頁)。
表紙は和紙切り絵を高木暁子さん(10回生)、題字を平川君代さん(9回生)にお願いしました。日本中、いや世界中で活躍し、母校を“心のふるさと”とする同窓生の思いが誌面の至る所に散りばめられ、輝いています。
1回生から50回生までの方々に責任編集で見開き頁を構成して貰った、同窓生でなければ出来ない記念誌です。さらに「恩師からのメッセージ」と題し、たくさんの先生方にご執筆いただきました。同窓生の座右の書としてぜひどうぞ。

「百花百彩」 B5判、136頁

百花百彩 PARTⅡ

百花百彩 PARTⅡ

平成18年6月、和洋学園110周年、高校同窓会創設25周年記念と銘打った「百花百彩 PARTⅡ」(B5判、52頁、うち口絵カラー6頁)を発行しました。表紙はむら竹会をイメージした竹林の写真。
高校同窓会25周年に寄せて「同窓会の過去・現在・未来」の座談会をはじめ、「恩師への手紙」「母校の先生方からのメッセージ」「活躍する同窓生」を掲載。「百花百彩」はいずれも送料のみで送付します。

「百花百彩 PARTⅡ」 B5判、52頁

各出版物に関するお問い合せは下記までお願いします。

同窓会事務局

メールアドレス:

メールを作成する