HOME > 同窓会について > むら竹会・高校同窓会の歩み

同窓会について

大正5年(1916) 5月4日 校友会設立。会長・堀越千代先生。会員は卒業生と在学中の生徒によって構成。
  12月27日 校友会雑誌『むらたけ』創刊。
大正11年(1922) 5月21日 第1回バザー開催。生徒の製作品を実費で販売、純益金は学校に寄付。
昭和3年(1928) 10月15日 文部省の認可により会名を「財団法人むら竹会」と変更し、寄付行為が決定。
昭和6年(1931) 7月20日 会誌13号を発行。表題を『むら竹』に変更。
昭和9年(1934) 8月1日 総会兼同窓会開催。母校紛争事件(学園財政について学校当局とむら竹会との対立)について経過報告。
昭和10年(1935) 7月11日 文部大臣より寄付行為改正認可。これによりむら竹会は卒業生のみの団体となり、在学生は学友会を組織。
昭和23年(1948) 4月4日 名誉会長の堀越千代先生死去。
  6月29日 秋から「初夏のつどい」に変更、共立講堂で開催。以後、昭和34年まで続く。
昭和36年(1961) 4月5日 二宮シマ先生に代り、藤田トラ先生がむら竹会理事長に就任。
昭和50年(1975) 5月15日 藤田先生死去に伴い、理事長に牛山寿々先生就任。

昭和53年(1978) 5月22日 高校同窓会 発足準備会。
  12月2日 第1回発起人会 高校同窓会設立準備実行委員選出。出席は田村校長先生、赤羽教頭先生、学園側の世話人の先生=矢部、皆川、桜井、鈴木(智)各先生、卒業生発起人33名。
昭和54年(1979)   世話人の先生方のご指導の下、組織作り、規約作り、名簿作りなどに取り組む。
昭和55年(1980) 3月8日 第3回発起人会・連絡委員会開催。〈役員選出〉名誉会長・田村謙治校長先生 会長・正野八重子(2回生)、副会長・本間しづ子(2回生)、同・山田真理子(9回生)、同・荻原幸知子(10回生)、会計・本田和子(5回生)、同・篠弘子(13回生)、書記・青柳敦子(29回生)、同・福永規子(29回生)、会計監査・山室光子(12回生)、同・門倉照子(12回生)・4月6日 高校同窓会第1回総会(母校講堂)。司会進行役は渡辺八重子(6回生)。田村名誉会長、むら竹会牛島理事長、赤羽・眞砂両教頭先生、世話人の4先生と同窓生336名出席。
4月6日 高校同窓会第1回総会(母校講堂)。司会進行役は渡辺八重子(6回生)。田村名誉会長、むら竹会牛山理事長、赤羽・眞砂両教頭先生、世話人の4先生と同窓生336名出席。
  10月25-26日 学園祭参加。同窓会談話室を設ける。以降、談話室開設は毎年行う。
昭和56年(1981) 3月 世話役の矢部先生退職。
  10月1日 『高校同窓会報』創刊号を発行。
昭和57年(1982) 3月15日 総会の案内を兼ねた会報第2号発行。
  4月11日 第2回総会の開催(於母校講堂・懇親会は学生ホール)。同窓生出席者175名。副会長本間→須藤智子(14回生)に。新書記に鵜川由美子(14回生)と池場真沙(17回生)。他は留任。
昭和58年(1983) 5月25日 会報第3号発行。郵便振替口座取得。
  7月4日 むら竹会牛山理事長が辞任し、佐藤光恵新理事長就任。12日役員と初顔合わせ。
昭和59年(1984) 3月5日 第34回生(625名)同窓会入会式。
  4月15日 第3回総会(於講堂・懇親会は学生ホール)。会長・副会長、会計は留任。書記を2名から5名へ増員。新書記に気仙美恵子(10回生)、佐藤友美(22回生)、真瀬美野里(33回生)。
昭和60年(1985) 3月5日 第35回生(685名)入会式。
  6月29日 幹事会・会報第4号発送作業。以後、8月末までに7,831通発送。
昭和61年(1986) 3月5日 第36回生(821名)入会式。
  6月22日 第4回総会(於母校講堂)。新書記に増井康子(8回生)。
昭和62年(1987) 3月6日 第37回生(790名)入会式。
昭和63年(1988) 3月6日 第38回生(716名)入会式。
  4月9日 幹事会。総会の案内を兼ねた会報第5号の発送作業。
  6月26日 第5回総会(於母校講堂)、出席者168名。副会長須藤→本田へ、会計は本田→池場へ、新書記に勝亦訓子(30回生)。山下サキ枝さん(9回生)亀山晴恵さん(10回生)の絵画を学校へ寄贈。
平成元年(1989) 3月6日 第39回生(819名)入会式。
  7月13日 同窓会名簿コンピュータ入力開始。
  7月21日 むら竹会本部と九段校・国府台分会との懇談会。
平成2年(1990) 3月5日 第40回生(866名)入会式。
  6月1日 高校同窓会記念誌『十周年のあゆみ』(B5判・42P)発行。
  6月1日 世話役の矢部静枝先生死去。
  6月16日 十周年記念の総会・懇親会(於市川グランドホテル)。新役員に滑川富子(11回生)、岡根君代(18回生)。懇親会のアトラクシ ョンでは吉野麗さん(13回生)によるシャンソン。
  7月~8月 役員手分けして『十周年のあゆみ』を連絡活動費納入者に発送する。(約1300通)
平成3年(1991) 3月5日 第41回生(827名)入会式。・3月 世話役の鈴木智先生退職。
  7月6日 幹事会で名簿のコンピュータ入力終了の報告。以後は手書きでなく、「タグ」を利用。
平成4年(1992) 3月5日 第42回生(708名)入会式。
  3月 世話役の皆川先生退職。
  5月23日 幹事会。総会を兼ねた会報第6号の発送作業、総数16,655通。
  7月18日 第7回総会、懇親会(於市川グランドホテル)出席者172名。新書記に土岐理恵子(18回生)。
平成5年(1993) 3月5日 第43回生(748名)入会式。
平成6年(1994) 3月5日 第44回生(596名)入会式。
  4月16日 幹事会。総会の案内を兼ねた第7号の発送作業。総数18,841通。
  6月4日 第8回総会・懇親会(於市川グランドホテル)。出席者・ご来賓14名、同窓生122名。正野会長辞任、本田和子新会長に。他は留任。新役員に池川秀子(15回生)百周年記念のテレカ発行。
平成7年(1995) 3月4日 第45回生(734名)入会式。・3月 世話役の桜井先生退職。
  7月10日 会報第8号臨時号発行。
平成8年(1996) 3月5日 第46回生(642名)入会式。
  3月9日 幹事会。総会の案内をかねた会報第9号の発送作業。(総数19,196通)
  4月21日 第9回総会(於母校講堂)、懇親会(地下体育館)。出席者130名。増井、池川、土岐辞任、新書記に桑名みよ子(17回生)。
  10月 学園百周年記念式典招待者名簿提出=627名。高校同窓会では役員経験者・総会多出席者・連絡活動費多納入者から選出。
  10月26日 高校同窓会記念誌『百花百彩』第1回編集委員会。
平成9年(1997) 3月4日 第47回生(632名)入会式。
  9月30日 和洋学園創立百周年記念式典(於日本武道館)に高校同窓会から多数出席。
平成10年(1998) 3月4日 第48回生(588名)入会式。
  4月11日 幹事会。第10回の総会に先立ち、役員改選、会計報告等報告、承認を得る。
  5月9日 幹事・連絡委員会。第10回記念総会の案内状発送作業。(総数21,000通)
  6月28日 第10回記念高校同窓会開催、出席者203人(於母校南館)。『百花百彩』完成・配布。
平成11年(1999) 3月4日 第49回生(514名)入会式。
  8月 むら竹会大慈彌理事長辞任、高梨禮子就任。
  11月27日 さくら並木基金実行委員会を組織。
平成12年(2000) 3月3日 第50回生(541名)入会式。
  5月13日 会報11号発送(20,776通)
  6月25日 第11回総会(於母校南館)。出席者130名。本田会長辞任、荻原幸知子就任。新役員に木村節子(22回生)、新屋麻利子(24回生)。
平成13年(2001) 1月13日 高校創設50周年記念誌完成祝賀会(於東館ラウンジむら竹)共催。出席者204名。
  2月15日  同窓会室引越、10号館→プレハブA棟。
  3月3日 第51回生(517名)入会式。
平成14年(2002) 3月4日 第52回生(571名)入会式。
  5月18日 総会案内の会報(第13号)発送(21,608通)。払込用紙に氏名住所等印刷。
  6月29日 第12回総会(於市川グランドホテル)、出席者118名新役員に早坂牧子(25回生)。
平成15年(2003) 3月4日 第53回生(462名)入会式。
  6月14日 文化活動「ラッピング講習会」(講師・井上遊子)出席者52名、於東館16階会議室。
平成16年(2004) 3月4日 第54回生(492名)入会式。
  5月15日 総会の案内を兼ねた会報第15号を発送
(20,560通)
  6月26日 第13回総会(於市川グランドホテル)出席者131名、荻原幸知子辞任。山田眞理子就任。副会長篠弘子辞任、木村節子(22回生)就任。新役員に斉田美重子(13回生)、柳澤みな子(24回生)。
  11月 同窓会ホームページを和洋学園HPに掲載。
平成17年(2005) 1月27日 同窓会引越、プレハブA棟→7号館。
  3月4日 第55回生(432名)入会式。
  7月7日 第1回「25周年記念誌」編集委員会。
  10月22日 甲州路バス研修旅行、参加者35名
平成18年(2006) 3月3日 第56回生(385名)入会式。
  6月24日 第14回総会・高校同窓会設立25周年記念(於市川グランドホテル)117名参加 アトラクション:卒業生杉村実亜子さん(母校音楽講師)。会報発送数 21,549通。会計鵜川由美子・桑名みよ子辞任、新役員に辻洋子(20回生)、吉原訓子(30回生)。
  10月27日 バス研修旅行(天心五浦美術館見学 34名参加)
平成19年(2007) 3月3日 第57回生(355名)入会式
  6月2日 創立110周年記念式典並びに祝賀会(高校同窓会より100名出席)記念誌『和やかに洋らけき』発行。
  10月27日 バス研修旅行 (吉川英治記念館、川合玉堂美術館見学 40名参加)
平成20年(2008) 3月4日 第58回生(283名)入会式。
  6月28日 第15回総会(於市川グランドホテル)、出席者96名。新役員に伊与久美子(13回生)。会計監査石井正子退任、齋田美重子(13回生)就任。アトラクション 母校吹奏楽部。
  10月7日 財団法人むら竹会より功労賞表彰 初代会長正野八重子、第二代会長本田和子、第三代会長荻原幸知子、現会長山田眞理子。
  10月24日 バス研修旅行(富岡製糸工場見学 36名参加)。
平成21年(2009) 1月25日 財団法人むら竹会主催 島田歌穂ニューイヤーコンサート 於和洋九段講堂、国府台高校同窓会より200名参加。
  3月4日 第59回生(291名)入会式。
  6月20日 幹事会桑名退任。講習会「手作り消しゴムはんこ作り」(講師・山本あずさ46回生)出席者40名。
  10月18日 バス研修旅行(伊能忠敬記念館見学 41名参加)本年より和洋スクールバス使用
平成22年(2010) 3月4日 第60回生(548名)入会式
  6月 事務局正式に発足。副会長氣仙美恵子退任事務局へ、伊与久美子副会長に就任、新役員に鳥原陽子(24回生)。
  6月23日 第16回総会高校同窓会設立30周年記念(於市川グランドホテル)100名参加。アトラクション 13回生吉野麗さん。桜並木基金として約230万円、同窓会より270万円計500万円を母校へ寄付。会報発送数21,415通。
平成23年(2011) 3月4日 第61回生(317名)入会式。
  4月 高橋邦昌校長(同窓会名誉会長)退任により同窓会名誉会長に太田陽太郎校長就任。
  6月 3月11日の東日本大震災に伴い同窓生より義援金を集める。
  6月25日 講習会「香りのシューズキーパー」(講師・森紀子9回生)出席者20名参加。
  8月31日 国の公益法人改革により財団法人むら竹会解散
  10月16日 バス研修旅行(クレマチスの丘、沼津御用邸見学 67名参加バス2台)
平成24年(2012) 3月3日 第62回生(382名)入会式。
  6月30日 第17回総会(於市川グランドホテル)95名参加。アトラクション 母校吹奏楽部、同ダンス部。会報発送数21,489通。
  7月4日

同窓会生みの親・田村謙治先生(前和洋学園理事長)ご逝去。100歳の天寿を全うされた。

  10月21日 バス研修旅行(武蔵野国を巡る 白洲次郎邸武相荘見学 75名参加)。
平成25年(2013) 3月4日 第63回生(433名)入会式。
  3月31日 役員鳥原陽子退任。
  6月22日 講習会「手作りブローチ」(講師・木村節子22回生、櫻井喜代美32回生)26名参加。
  6月22日 財団法人むら竹会解散に伴い3同窓会(大学・九段・国府台)が「むら竹会和洋学園同窓会」として発足。
  7月4日 役員櫻井喜代美退任、事務局へ。
  10月20日 バス研修旅行(和洋佐倉セミナーハウスと酒々井アウトレット、50名参加)
平成26年(2014) 3月4日 第64回生(375名)入会式。
  6月28日 第18回総会(於市川グランドホテル)
同窓会出席者90名。アトラクション、ピアニスト和田七奈江さん(46回生)。
山田会長辞任、新会長に伊与久美子(13回生)就任。新役員に笹川則子(13回生)、上久保由紀子(22回生)就任。会報発送総数21,278通。
  10月25日 バス研修旅行(小江戸川越とグリコ北本工場見学、参加40名)
平成27年(2015) 3月4日 第65回生(324名)入会式。
  3月11日 新体育館内1階 新同窓会室に引越し。
  4月9日 新同窓会室お披露目会(歴代会長、元役員)
  6月20日 幹事会

明治30年(1897)
「和洋裁縫女学院」の創設者
堀越 千代先生(1859~1948)

むら竹会初代理事長
厚東 仙先生(昭和3年~)

2代目理事長
二宮 シマ先生(昭和11年~)

3代目理事長
藤田 トラ先生(昭和36年~)

4代目理事長
牛山 寿々先生(昭和50年~)

5代目理事長
佐藤 光恵先生(昭和58年~)

6代目理事長
大慈彌 豊子先生(平成7年~)

7代目理事長
(現 和洋学園同窓会会長)
高梨 禮子先生(平成11年~)

高校同窓会初代会長
正野 八重子(昭和55年~)

高校同窓会2代目会長
本田 和子(平成6年~)

3代目会長
荻原 幸知子(平成12年~)

4代目会長
山田 眞理子(平成16年~)

和洋のスクールバスで研修旅行

佐原方面へのバス旅行
(平成21年10月18日)
30周年記念にグランドホテルで特別に作ってくれた卵焼き

平成23年9月、高校学園祭の正門

6回生の展示、パッチワーク

平成24年7月4日、100歳の天寿を全うされた田村謙治先生

5代目会長
伊与久 美子(平成26年~)